生徒・保護者の声

ホーム > 生徒・保護者の声

横浜の幼児教室・kids21(キッズ21)へ届けられたお手紙をご紹介いたします

卒業生の親御さんからのお手紙

 娘がKIDS21の教室に通い始めたのは、一歳の頃でした。既に入会していた知人に教室を紹介してもらったことがきっかけでしyた。人見知りで慎重な性格の娘でしたが、少人数制でアットホームな雰囲気の教室と先生にはすぐに慣れ、楽しく通うことが出来ました。
バラエティに富んだ工作や実験、ワークブックなどにもよく集中し、毎回あっという間に時間が過ぎていきました。遊びの一つとして学んだひらがなやかけざん九九などは、小学校に入学してからも自信を持ってスムーズに授業に入っていく事ができました。
 その後中学受験をして六年間を中等教育学校(女子校)で過ごしました。密度の濃いカリキュラムの他に、海外での二週間の研修旅行、自然教室、スキー教室、芸術教室など、普段なかなか経験することが出来ない貴重な時間の多い学校生活でした。
現在は、大学三年生・・・・。幼稚園の頃から”将来の夢”として胸にいだいていた「幼稚園の先生・保育士」を目指して日々実習や講義を頑張っています。今度は、自分が先生となって、子ども達に優しい笑顔を振りまいている日も近いことでしょう。
                                             <キッズのためにと許可を頂きHPに掲載しています>

親御さんからのお手紙

キッズ21
中山先生
 
先日は、突然の訪問に関わらず温かく迎えて頂きまして、ありがとうございました。
娘も念願であった先生との再会が出来、とても嬉しかった様です。
少しお話させて頂きましたが、新しい環境での生活が始まり本人なりの期待と不安が入り交り四月、五月の二ヶ月間は大きなストレスであった時期でした。
近頃は体調も精神的にも安定し元気に過ごしております。
関東学院は、来年創立125周年を迎えようとしています。
関東学院中学校は、今年から新校舎を使用し、週六日制に移行実質授業時間数も増え、これまで以上のレベルを向上させようという向きがあります。
小学校もそれに呼応する様な動きがありそうです。
また何か情報がありましたら御連絡差し上げたく存じます。
先日、お話致しました児童募集のポスターを同封致しますので、御役立てて頂ければと思います。
益々の御発展と御健康をお祈り致します。
 
平成二十年六月八日
N . K

親御さんからのお手紙

中山先生へ
 
キッズ21に通い始めて
 
1年前、初めて子供を授かり、健やかに成長して欲しいという想いは当然のこと、将来、子供がどう生きたいかを考えるときにできるだけ多くの選択肢を与えてあげたいと思い、幼児教室を探してました。
複数の教室を体験しましたが、キッズ21を選んだ決め手は褒めることでした。
1つ1つ、何かできる度に褒める。
体験の時、まだ7ヶ月だった結友も、褒められたのが分かるのか、とても楽しそうにしていました。
 
そして、キッズ21に通い始めて、早いもので3ヶ月が経ちます。
結友も1歳になりました。
毎週行う、お片付けやリトミック。
今では、「お片付けしようね」と言うと、自分でおもちゃを手にとり、箱に入れるようになりました。
また、音楽を流すと、楽しそうに手拍子したり、体を揺らします。
お絵かきやシール貼り、パズルなど、単発の取り組み。
なかなか、家ではできていない新しい体験をさせてあげることができます。
教室の後は、お昼寝もぐっすりです。
親としても、日々、日記をつけることで、子供の小さな成長でも見逃さないようにしようという意識が出てきて、1日1日を大切に過ごせている気がします。
本当に、通い始めて良かったなぁと感じています。
 
これからも、結友、親の私共に、キッズ21を楽しみながら成長していければと思います。
中山先生、末永く宜しくお願いします。
 
谷崎 里美

生徒さんからのお手紙

(表)
中山せんせいへ
 
中山せんせいまいしゅういろんなことをおしえてくれてありがとうございました。
 
(裏)
なかやませんせいだいすきでした
 
 
山口 柊人

生徒さんからのお手紙

なかやませんせいへ
 
せんせいげんきですか。
ぼくはまいにちたのしくがっこうにかよっています。
いまもまいにちえにっきをかいていて、11さつになりました。
せんせいにみてほしいです。
こんどおきょうしつにあそびにいかせてください。
せんせいにあえるひをたのしみにしています。
 
かとうそうより

<< | 1 | 2 | 3 | >>
このページの先頭へ